2007年06月18日

セミリタイヤという言葉

最近、投資関係のサイトを見ることが多いからそう感じるんだとは思いますが、「セミリタイヤ」とか「不労所得」といった言葉を良く見かけます。

「働かざる者食うべからず」が身に染みていた私は、旅行が唯一の趣味と呼べるものなのに、働かない期間が長くなると、なんとなーく落ち着かない気分になったりしたものでした。

ドイツへやって来てから、のんびりした生活になってしまい、ドイツの人達からは、理想的な生活じゃない?と言われようが、ずっーと日本では、部屋に居るのは寝る時だけ、みたいな生活をしていた日本人の私にとっては、落ち着かない日々でした。

でも、日本語のネットでその頃、「スローライフ」という言葉を良く目にして、働き者の日本人もスローな人生を求めるようになったのであれば、なんとなーく、私だってこんな生活でもいいのかも知れないと、自分を慰めてたものです。

すると今度は、「目標はセミリタイア」といった表現を目にして、ちょっと驚きました。

仕事が無い時は、ああ、休日っていうのは、仕事があるからこそ、楽しみに出来るものなのかぁ、なーんて思っていたので、セミリタイアを目指している人達がいるのかーと感心してしまいました。

大した趣味も無い仕事人間でしたし、きっと仕事をしている時の方がイキイキしていたと思うので、今はまだ、セミリタイアと言う言葉に憧れはありませんが、いつか、仕事をしていない生活を心から楽しめる様な人間になれれば、嬉しいですねえ。





posted by chiju at 04:11| フランクフルト | Comment(0) | なんてこと無い話>本当になんてこと無い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

36時間!

いやね、スキャルに36時間かけたとか、そういうこっちゃこざんせん。

36時間位、ぶっ通しで寝ておったというこです、はい。

フツーに生活してただけなんですけど、お腹やられて、寝るも何も、痛さのあまりウツラウツラしておりました。

お腹やられるたびに、友達から「拾い食いは駄目」っていわれるんですけど、私拾い食いなんかしたことござんせん。

この強烈な腹痛は、過去2度程経験がありまして、どちらも旅先でした。今回のように、普通に暮らしてて、身に覚えもなく、突然やられたのは初めて!

その旅先の痛い経験は、ビルマ(私は敢えて、こう呼ぶことにしております!!!)とシリア。どちらも強烈だったぁぁぁ。

まあ、私、所謂バックパッカーでして、安宿をプラプラ泊まり歩くわけですが、この時は、不幸中の幸いにも、ドミトリーではなく、トイレ付きの個室だったんですねー。いやあ、助かった助かった。

ドミトリーだったら、トイレに行く途中で息絶えるか、トイレで生活するかのどちらかになったはず。

本当に、よくぞ便座の上で気を失わなかった!えらい!と、胸をなでおろしたわけでした。

無性に白いおかゆさんが食べたかったのを思い出しますです。。。

しかーし、今回は、見に覚えがないのと、肝心なピーピーが全く出んとです!お腹の痛さは、あのピーピーと全く同じなのに、肝心要のピーピー君が、おらん!なんなんだこりゃあ?

ちょっと気味が悪い腹痛です。

あれから、かれこれ3日くらい経ちますが、まだ、ちゃんと直立して歩けない。おばあちゃんになっちまいましたぁ。うう。

明日はマシになってますように。

posted by chiju at 01:58| フランクフルト ☁| Comment(0) | なんてこと無い話>本当になんてこと無い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。